郷土のダンジョン

本日帰還しました、
 
ということで再びオブリビオンが起動できます。
 
わーい。
 
さっそく装備MODを導入してダンジョン探索に出かけました。わーい。
 
 
 

ちなみに、昨日は用事の都合で遠出先で「図書館」という名のダンジョンに行ってました。
 
そして「郷土資料」という底なし沼に戦いを挑んでいました。
 
いわゆる「○○市史」とか「△△町のあゆみ」とか、そういう類です。

 
電話帳よりもデカイ本とエンカウントし、
 
そして当然のごとく、悪戦苦闘。
 
 
航空写真やら古い住宅地図やら地域企業史やら、
 
大量に引っ張り出してなんやかんやと苦しむこと数時間。
 
コピー機に10円玉を投入すること数十回。
 
結局、資料が膨大でキリがなかったので、潔く、コマンド「にげる」を発動しました。

 
うーん。

 
日本の郷土って、奥が深いですね。
 
というか郷土資料は奥が深いというよりもむしろ底なし沼という雰囲気です。
 
一つの資料でもそれが一次資料と二次資料ではまた質が変わってくることもあるので、
 
参考文献等をイモヅル式に引っ張っていると、
 
気がつけば底なし沼に片足突っ込んでる状態に……。
 
 
あるいはRPGのラスボスのようでもあります。
 
いくら立ち向かっても第一形態、第二形態と姿を変え、無限に立ちふさがるその姿は……まさに恐怖。
 
 
別に郷土資料に限らず、文献だの論文だのというのはそういうもんだとは思いますが。
 
うーん、うーん……。そういうのは苦手、です。
 
図書館は怖い所です……。
カテゴリ
最新記事
検索フォーム
Calendar 1.1
<
>
- - - - - - -
- - - - 1 23
4 5 6 7 8 910
11 12 13 14 15 1617
18 19 20 21 22 2324
25 26 27 28 29 3031
- - - - - - -

全記事

Designed by 石津 花

月別アーカイブ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

PageNavigation 2.0

Designed by 石津 花

最新コメント
最新トラックバック
リンク
プロフィール

box66

Author:box66
穏やかな生活を夢見て日々を過ごす、ゲーマーです。
ブログでは様々なゲーム紹介のほか、oblivionのMOD紹介なども。

リンクはお気軽にどうぞ。

ただし掲示板等からのリンクはご遠慮ください。
また、記事・画像等の無断転載等はご遠慮ください。

FC2カウンター
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR