剣の街の異邦人のバージョンの違いの変化の軌跡の行方

ダンジョンRPGで人気のエクスペリエンスの贈る、

ファンタジーRPG「剣の街の異邦人」。

そのVITA版「剣の街の異邦人 黒の宮殿」の、

アップグレードバージョン、

「新釈 剣の街の異邦人 黒の宮殿」が発売されました。

旧バージョンをベースに、より遊びやすく、

追加要素も備えた新型です。


この「剣の街の異邦人」というゲーム。

今までバージョン違いが何度も発売されており、

さりげなくPC版以外は全部持っていたりするんですが……

DSC_0407.jpg


同じソフトなのですが、バージョン違いが多数販売されています。

最も最初に発売されたのが、箱360版「剣の街の異邦人 白の王宮」

初回版にはサントラもついてます。

かなり硬派なゲームバランスで、中々先に進ませてくれないシステムに苦戦。

その次に登場したのが、PSVITA版「剣の街の異邦人 黒の宮殿」

2016-07-24-182012.jpg

基本的には同じゲーム内容ですが、

エンディングやクリア後ダンジョンの内容が変更され、

その他アイテムや敵が追加されています。

2016-07-24-182635.jpg

アイテムと敵の追加については、箱360版も無料アップデートで対応。

エンディングの違いについては……諸々あって、

まだどんな違いなのか知らなかったり。

そして、お次に登場したのが、箱1版「STRANGER OF SWORD CITY」

キャラクターグラフィックを一新した特別版。

旧来のグラフィックも使用できます。

Sun_Jul_24_19-01-13_UTC2B0900_2016.jpg


Sun_Jul_24_19-00-40_UTC2B0900_2016.jpg

2016-07-24-183847.jpg

……が、追加されたポートレート(キャラグラフィック)はNPC用を除けば全部でたったの18枚。

しかも種族や性別が極端に偏っており、キャラメイクに支障が出る結果となりました。

18枚のうち、男性(中性的なもの含む)が4枚、女性が14枚。

種族の偏りはもっと激しく、ドワーフに至っちゃゼロ枚。あんまりといえばあんまり。

キャラメイクに一定の自由度をもたせようとするならば、

5種族×8クラス×2性別=80種類は必要、

それはさすがに無理でもせめて30~40種類くらいは欲しく、

結局、新規追加グラフィックを使用したキャラメイクは非常に幅が狭くなる結果に。

Sun_Jul_24_19-00-59_UTC2B0900_2016.jpg

ポートレート以外の追加要素はほぼ無しといってもよく、

とりあえず箱1で「剣の街の異邦人」が遊べる、というポイントはあるにしてもちょっとね……。

という内容でした。




そして、今回新たに発売されたのが、PSVITAの「新釈 剣の街の異邦人 黒の宮殿」

オリジナルとなる「剣の街の異邦人 黒の宮殿」のアップグレードバージョンです。

新クラスの追加、ポートレートの追加の他、初心者にも嬉しい全滅時のサポート機能等、

より遊びやすい調整がほどこされているようです。

2016-07-24-182854.jpg

異邦人は「現代から異世界に迷い込んだ」という設定のため、

その設定を強化する新要素「素性」も搭載され、キャラメイクの幅が増えました。

2016-07-24-183637.jpg

残念ながら、箱1版の「STRANGER OF SWORD CITY」用のグラフィックは収録していないようです。

うーん、なんかもったいない気もする。

また、初回特典として描き下ろし小説同梱版も発売されています。5000セット限定。

どうせFF13の箱360版初回特典みたいな、薄い短編なんだろうなー、

と思っていたら、どっこい、文庫本まるまる一冊ついてきました。びっくり。

DSC_0412_2016072419444592f.jpg

著者のペニー松山さんは知らなかったのですが、

ゲームの特典物としてはかなり読みごたえがありそう。

色々追加要素や調整がされているようなので、今から遊ぶなら、

この「新釈」版がオススメになってくるのではないかと思います。


惜しいのが、PC版のようなオリジナルポートレート追加機能には対応していない、という点。

ハードの制限で出来ないのかもしれませんが、

そういえばPSPで発売された「エルミナージュ」シリーズは、

確かオリジナルポートレート機能があった記憶があるので、

VITAでも出来ればいいのになぁ、と思ってしまいました。

キャラメイクの幅が増えて、とても面白くなりそうなんですが……。

PS4では、戦国無双4でオリジナル家紋機能とかもあったので、

もし今後PS4版が出るなら、遂に対応する可能性もあるかも、ですね。

まぁ、そんなにしょっちゅうバージョン違い出されたとしてら、

ユーザーとしては困惑する部分がなきにしもあらず、ですが。




さて、少し話は変わりますが、

ひとくちにゲームのプレイヤーといっても、

そのプレイスタイルには、人ぞれぞレ、

様々な形があると思います。

一つのソフトをしっかりやり込むプレイヤー、

とりあえず面白そうなものをつまみ食いするプレイヤー、

買うだけ買って後は積むプレイヤーもといコレクター。

マルチプレイやオンラインでコミュニケーションを楽しむプレイヤー、

シングルプレイでゆったり遊ぶプレイヤー。

それだけ幅広い楽しみ方を提供してくれるのが、ゲームの良いところ。

で、私自身はどうかというと、

もう間違いなく「つまみ食い」「シングルプレイ重視」タイプです。

半分「コレクター」もあてはまるかもしれません。


で、話を戻して、今回の「剣の街の異邦人」ですが。

……実はまだ、クリアしたことがありません。

全バージョン持ってるのに!?と言われるとまさにそうなんですが、



箱360で初めて「剣の街の異邦人 白の王宮」が発売され、

そちらを購入したのが数年前。

当時「迷宮クロスブラッド」にドハマりしていたこともあって、

「剣の街の異邦人 白の王宮」は購入後すぐにプレイし始めた記憶があります。

が、ふとしたきっかけから、プレイを中断して他のゲームに移ってしまい、

それ以来、つまみぐい的に思いだした時プレイをしていました。

……が、なかなかクリアできない。

なぜか?

というと、まず「剣の街の異邦人 白の王宮」は、難易度が結構高いのです。

システム自体は快適にプレイ出来るように洗練されているのですが、

キャラクターが「戦闘不能」になったさい、復帰させるまでに、

異常に時間がかかり、その間に別の主力キャラが倒れると、

また……というループになりがちで、なかなか先に進めません。

敵の攻撃も結構シビアで、油断しているとアッサリ壊滅。

そもそも「つまみ食い」で適当にクリア出来るゲームではありませんでした。

と、そうこうしているうちに、PSVITAで「剣の街の異邦人 黒の宮殿」が発売。

追加要素もあるらしい、値段もお手頃らしい、

ということで、誘われるようにそちらも購入。

よし、今度こそクリアしてやるぞ、と思ったものの、

やっぱりつまみ食いのようになってしまい、中断。

そうこうしているうちに、箱1で「STRANGER OF SWORD CITY」が発売。

キャラクターのグラフィックが一新されているらしい、

と聞いて懲りもせず再び購入。

でもポートレート(キャラ絵)以外のゲーム内容は箱360とまるっきり同じで、

それなら箱360版再開した方が良いのでは?

と思い、驚異の箱360版とPSVITA版の同時進行を開始。

……が、長続きするはずもなく、再びつまみ食いスタイルへ。

そして、そうこうしているうちに、今回の「新釈」が発売へ。

より遊びやすく調整された新型……。

ダメだ、ここで旧版を中断したら、また最初からやり直しになる、

と自分に言い聞かせつつ、結局購入してしまいました。

うーん、

ほんと、

このソフトは長い付き合いです……色んな意味で。

コメントの投稿

非公開コメント

No title

初めまして。

剣の街の異邦人というタイトルに惹かれて購入を考えていました。
調べてみるといくつかバージョンがあって「??」になってしまい、
更に調べてみたらここに辿りつきました。

DRPGでは有名なタイトルなんですね。
それぞれのタイトルの違いも良く分かりました!

私はDRPGは超初心者なので、新釈を購入しようと思います。
とても分かり易い解説でした。
ありがとうございます!

Re: No title

>うさぎ さん

はじめまして、コメントありがとうございます。
普段自分が書いてる文章が分かりづらかったらどうしよ……、
と常々思っていたので、分かり易いと言っていただけると、
とても嬉しいです。


そういえば、「新釈~」は現在アップデートパッチが配信されており、
新機能追加の他、箱1の「STRANGER~」専用だったポートレートも、
一部ですが追加されてます。やはり今買うなら新釈がイチオシ!!です。

歯ごたえあるゲームですが、初心者サポート機能も充実してるので、
じっくり、楽しめると思います~
カテゴリ
最新記事
検索フォーム
Calendar 1.1
<
>
- - - - - - -
- - - - 1 23
4 5 6 7 8 910
11 12 13 14 15 1617
18 19 20 21 22 2324
25 26 27 28 29 30 -

全記事

Designed by 石津 花

月別アーカイブ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

PageNavigation 2.0

Designed by 石津 花

最新コメント
最新トラックバック
リンク
プロフィール

box66

Author:box66
穏やかな生活を夢見て日々を過ごす、ゲーマーです。
ブログでは様々なゲーム紹介のほか、oblivionのMOD紹介なども。

リンクはお気軽にどうぞ。

ただし掲示板等からのリンクはご遠慮ください。
また、記事・画像等の無断転載等はご遠慮ください。

FC2カウンター
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR