2月も終盤!!でも新作ゲームは続々登場!!

気が付けば2月も終盤にさしかかりましたね。

そろそろ3月、春の気配も近づいてくる頃合いかもしれません。

まだまだ寒い日が続きますが、心地よい季節まで、もう少しです。

さて、2月後半から3月、そして4月というのは、

新作ゲームの発売が気持ち多くなる季節。

ついこの前も新作ゲーム続々登場……

って全く同じ記事この前も書いてますが、

いやはや、引き続き、注目の新作ゲームが続々登場中です!!

DSC_0906_20170226162544b5d.jpg


俺の名前は積下絵九図志(つみげえくずし)。
積みゲーの城壁を崩すことを専門とする工兵だ。
急きょ最前線部隊の隊長として配属された俺は、
絶望的な状況下で、部下たちと共に戦いを続けていた。

隊員1「隊長!!ゲームの猛攻が止まりません!!城壁に傷すらつけられない!!」

九図志「諦めるな!!とにかくゲームを崩し続けるんだ!!」

隊員2「くそっ!!過去作を1本に複数同時収録したバンドルパックが手ごわすぎる!!」

九図志「お得感に騙されるな!!相手は名作・傑作揃いだ、本気でかかれ!!」

隊員達「うおおおおおお、負けるかあああああああ!!!」

九図志「くそっ、また敵の増援だぞ!!警戒しろおおおおお!!!」


どーん。

DSC_0906_20170226162544b5d.jpg

・アサシンクリード:エツィオコレクション(PS4)

・バットマン:リターントゥアーカム(PS4)

・ニーア:オートマタ(PS4)

・魔女と百騎兵2(PS4)

・TimpieceEnsemble(PSV)

・ISLAND(PSV)




今回もどーんとデッカイ箱が目につきますが、

こちらはアサシンクリード:エツィオコレクションの限定版。

過去にPS3や箱360で発売されたアサクリシリーズのうち、

エツィオ・アウディトーレが主人公となる三作、通称「エツィオ三部作」を、

フルHD化し同時収録した完全版となっています。

主人公のエツィオさんは、アサシンクリードシリーズの人気を不動の物とした、

シリーズでも屈指の人気キャラクターであり、同シリーズ確立の立役者。

初代主人公の「アルタイル」や、エツィオさん後の主人公「コナー」も、

一定の人気はありますが、やはり一番人気はエツィオさんではないでしょうか。

「アサシン(暗殺者)」という立場から創造されるような、

クールで暗い過去を抱えた冷徹な殺人マシン、というテンプレなイメージとは全く異なり、

暗い過去を経験しつつも、社交的で冗談を好み、また女性の扱いも上手い、という好青年です。

一方、暗殺任務では類まれな格闘戦能力と身体能力で、

颯爽とイタリアの街並みを駆け抜ける姿が描かれます。かっこいいんだなぁ、これが。

↓同梱物はこちら。TシャツはAmazon限定特典。多分着ることは無いと思うが。
DSC_0910.jpg

特典物のうちメインコンテンツとなるのが、ビッグサイズなエツィオさんの胸像。

なかなかにサイズがあって迫力があります。

DSC_0917.jpg

↓お顔はこんな感じ。
 ……なんかちょっとエロいこと企んでる表情に見えるのは私の心が腐っているからだろうか。
DSC_0915.jpg

さて、肝心のゲーム内容ですが、前述のとおり、過去に発売された関連3作品を、

一つにまとめてHD化し、さらにDLCも収録したボリューム満点の完全版となっています。

ただし、収録されているのはシングルプレイのみで、オンラインマルチプレイは含まれません。

アンチャーテッドコレクションと同じ仕様ですね。

↓リアルに再現された当時のイタリアで、様々な暗殺任務に挑戦する。
Assassins Creed The Ezio Collection_20170226140450

また、オリジナル版ではセリフの言語に英語・日本語・イタリア語が選択できましたが、

このコレクション版では英語と日本語しか選択できません。

日本語吹き替えの質が非常に高いので、

さほど気にならない部分ではありますが、ちょっともったいないかな。

それでも、追加DLCも含めて三部作が高画質で一気に遊べるので、

購入する価値ある一本でしょう。

↓生活感あふれる街並みや、行きかう人々等、かなりリアル
Assassins Creed The Ezio Collection_20170226140523

グラフィックについては、オリジナル版に比べて高解像度となっており、

特に遠景関係が綺麗でリアルになっています。

オリジナル版では、おそらくハードの性能上、遠景がハリボテ気味で、

せっかくのリアルな街並みも魅力が半減していましたが、

今回のコレクション版ではその雰囲気を思う存分味わうことが出来ます。

最も手軽なイタリア旅行、というディレクターのコメントも納得かもしれません。

Assassins Creed The Ezio Collection_20170226140256



また、今回はもう一つ注目のバンドル系ソフトが発売されています。

その名も「バットマン:リターントゥアーカム」。

過去に発売されたアクションアドベンチャーの名作「バットマン:アーカムアサイラム」と、

その続編でこれまた名作「バットマン:アーカムシティ」を同時収録したHD化完全版。

オリジナル版は、恐らく近年発売されたキャラクターものゲームとしては、

最も成功したシリーズであり、その後様々なゲームにも影響を与えている人気作です。

Batman_ Return to Arkham - Arkham Asylum_20170226130316

今回のコレクション版では、さらに関連DLCも完全収録した上で、

単なるHD化ではなく、グラフィックが最新のゲームエンジンで再構築されています。

バットマンのスーツの質感等、テクスチャが圧倒的に緻密に描かれており、

グラフィックレベルはかなり向上しているように感じられました。

Batman_ Return to Arkham - Arkham Asylum_20170226134122

実は過去に、「アーカムアサイラム」と「アーカムシティ」を同梱した、

「ダブルパック」なる廉価版が発売されていたこともあり、

ファンにしてみりゃ「またかよ!!」と思ってしまうかもしれませんが、

グラフィックの強化や全DLCの収録等、嬉しいポイントもあるので、

未プレイの方はもちろん、既にプレイ済の方も、

手に取ってみる価値のある一本になっていると思います。

Batman_ Return to Arkham - Arkham Asylum_20170226134934




その他、ニーア:オートマタ等の国産注目ゲームも登場しています。

ニーアシリーズは「ドラッグオンドラグーン」シリーズの流れを汲むアクションゲームで、

「なんかよくわからんヘンなゲームだけど面白い」という独自の個性を持つゲームです。

私は過去に箱360で発売された「ニーア:ゲシュタルト」をプレイしたことがあり、

その異様な感じの世界観と、意外と泣かせる物語に感動したクチですが、

PS3で発売された別バージョン「ニーア:レプリカント」がまだ未プレイで、

オートマタ発売前にレプリカントクリアしてから、オートマタに挑戦しよう、

と思っていたらあっというまに発売日になってしまいました笑。



ちなみに今回のニーアとは関係はない話ですが、

ドラッグオンドラグーンシリーズは、1作目は印象的でしたけど、

2作目は薄味で中途半端、3作目は意味不明な下ネタだらけ、

という残念な展開で、すごくガックリした記憶があります。

特にDOD3の、キャラクターの会話が重要な話題をすっとばかして下ネタばかり、

という内容にはその作品としてのセンスの無さに「うわぁ……」って気分でした笑。

別に下ネタとかエロい話それ自体を完全否定するわけじゃないんですけども、

そもそもそれはDODに必要だったのか?とか、

もっと他に必要な話題があったんじゃないのか?とか、

納得できない部分が多すぎてウンザリしながらプレイしてました。

しかも下ネタのレベルがまたこれでもかってくらい低レベルで、

それで喜ぶのは中学生か、中学生から成長しない大人か、

大人みたいな見た目の中学生くらいなもんじゃないか、

ってくらいにしょーもなくて、プレイしながら、

「これは……笑うところなのか?それとも他の意味があるのか?」

と困惑し続けていました。

面白い下ネタならよかったんですけどねぇ。

つまらん下ネタほどつまらんものはない。

今回のニーアはそうじゃないといいなぁ……。



ということで、新作ゲーム続々登場、でした。

いやはや、新作ゲームラッシュで嬉しいやら苦しいやら。

さーてと、がんばってクリアするぞー。

いや、がんばるようなもんでもないんですがね。

コメントの投稿

非公開コメント

カテゴリ
最新記事
検索フォーム
Calendar 1.1
<
>
- - - - - - -
1 2 3 4 5 67
8 9 10 11 12 1314
15 16 17 18 19 2021
22 23 24 25 26 2728
29 30 31 - - - -

全記事

Designed by 石津 花

月別アーカイブ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

PageNavigation 2.0

Designed by 石津 花

最新コメント
最新トラックバック
リンク
プロフィール

box66

Author:box66
穏やかな生活を夢見て日々を過ごす、ゲーマーです。
ブログでは様々なゲーム紹介のほか、oblivionのMOD紹介なども。

リンクはお気軽にどうぞ。

ただし掲示板等からのリンクはご遠慮ください。
また、記事・画像等の無断転載等はご遠慮ください。

FC2カウンター
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR