PCゲームで学んだこと

スカイリムの動作がようやく安定しました。

FPS急激低下問題は解決したものの、

街中でのCTD等が頻発してしまい、

その対策に思わぬ時間をとってしまいました。

MOD由来の確定CTDとしては、フォロワーが祠を使用すると確定CTD、

という症状が出ていたのですが、これについては、

「Follower Live Package」のフォロワー拡張機能と、

「EatingSleepingDrinking」のフォロワー用アニメーション機能が競合していたらしく、

食う寝る飲む側のアニメーションをオフにすることで解決しました。

また、他にも街中で高確率でCTDするという症状もあったのですが、

こちらは高負荷によるCTDと推測できたので、

SKSEのメモリパッチの値見直しと、

各種テクスチャデータの圧縮&低解像度化、

さらにENBのメモリ値の見直しを実施。

これでほぼほぼCTDは無くなりました。ふぅ。

ScreenShot1245.jpg


特にテクスチャ関係は、今まで必要以上に高画質なものを入れていたのですが、

4Kから2Kにダウンサイズしたものの、見た目にはさほど変化はありませんでした。

さすがにじっと見ていると「荒いなぁ」という気はするものの、

慣れてくればどうということはありません。

女性キャラの肌美化テクスチャにしても、10メガもする物が使われていたので、

思い切ってかなり圧縮しました。NPCの多い場所では特に効果大です。

ゲーム全体のテクスチャを軽くしたので、動作も安定して、

さらにパフォーマンスもある程度改善しました。

長時間プレイすることになるゲームなので、

無駄に高画質を求めるよりも快適性を求めたのは正解だったかも。

動作が安定してきたところ、フォロワー達と共に、

ソルスセイムへの初遠征を敢行。

ScreenShot1268.jpg

ゲーム購入から数年、なんと感動の初上陸!!

ScreenShot1270.jpg

見たこともない生き物とかオブジェクトとか色々あってテンションUP↑♪

ScreenShot1269.jpg

いやぁ、スカイリム、トラブル起こると大変ですが、

それを乗り越えた後の達成感もまた楽しいものですね。



PCゲームは、トラブル解決法を探すうちに、

少しだけPCにも詳しくなれるのが面白いところ。

最近よく思うのですが、私がPCを人並に使えるようになったのは、

間違いなくスカイリムの前作である「OBLIVION」のPC版を遊んでいたからだと思います。

PC版ではMOD導入にあたって、最低限の知識が必要になりますし、

長く遊ぶほどに情報収取のコツなんかもある程度身についてきます。

限られたPCリソースでどこまで快適な環境を構築できるか、

となると、PCやOSのシステム的な部分もかじらなければなりません。

だんだん慣れてくると、トラブルや分からないことが発生しても、

そこまで深刻なものでなければ、ある程度アタリをつけることも出来るようになります。

これは何もオブリビオンだけの話ではなくて、

PC関連全体にも言えることかもしれません。

もちろんプログラミングだのなんだの、専門的な話は今でも全く分かりませんが。

私の職場は部署内がほぼ女性でしかも平均年齢40より上なんですが、

PCでトラブルが起きた際などは、

「〇〇さん!(←私の名前)なんかPCがヘン!!なんとかして!!」

と呼ばれることがたまにあります笑

なんかヘンってなにがやねん、と思いながら行くのですが、

大抵は症状見てからある程度アタリをつけて操作すると、

なんとなく解決することが多かったりします。

「すごい、よく分かったねぇ」

なんて言われるんですが、実は私自身もよくわかってなかったりします笑

ただ、なんというか、PC慣れしてくるとある程度対応の「セオリー」

みたいのが掴めて来るというか、割となんとかなってしまうんですよね。

こういう症状ってことは、多分この部分が関連していて、

だからここをいじればなんとかなるんじゃ……あ、治った、的な。

こういう時は、PCでゲームやっててよかったな、と思います笑

それでもわからなければ、ちょっと待ってもらってネットで調べれば、

大抵は解決法が既に提案されていたりもしますし。

そこでまた「なるほど」と勉強にもなります。


最近は実家に帰った時も、父親からPCのことで相談されることがあります。

「なんかわからんけど最近PCの動きが遅い、なんとかして」

というスゲー曖昧な説明だけで無茶ぶりされるんですが、

結局は常駐ソフトを整理したり、HDDを最適化したり、

メモリ関連の設定を綺麗にしたりといった作業で解決。

これも「PCゲームを快適に動かすためにPCの無駄な動作をなくす」

というゲーマーにとっての至上命題に取り組んできた賜物です笑


でも、実はPCでトラブルが発生した際の、

最もシンプルかつ最強の対処法について最初に教えてくれたのは、

他でもないその父親だったりするんです。

もう何年も前の話なんですが、

我が家にパソコンなるものが初めてやってきた時のこと。

親父が仕事で使うPCを家に持って帰ってきて使ってたんですが、

そのPCがメーカー製のノートPCだったんです。

で、その当時からメーカー製のPCではありがちなんですが、

無駄に色んなソフトがプリインストールされているんですよね。

これ仕事じゃ絶対使わないだろ、っていう安っぽいゲームソフトなんかも色々入ってまして。

それに気が付いた親父が、気をきかせて、私に遊ばせてくれたのです。

ミニゲームレベルの些細なゲームだったんですが、

家庭用ゲーム機とは雰囲気の違うその操作感に結構ハマってしまいまして、

仕事用だからあんまり長いこと弄るなよ、と言われつつも、

ワガママ言ってしばらく遊んでいました。

するとある日、急にPCの動作が不安定に。

あっ、やべっ、動かなくなった(フリーズ)!?えぇっと、どうすりゃいいんだ?

そう思うものの、PCなんてマトモに触ったことがなかったので、

対処法なんてわかりません。

やばい、親父の仕事用PCなのに、壊れたかも!?

そりゃもうね、半ベソですよ笑

恐る恐る親父に報告したのですが……。

えぇ、えぇ、そらもう、ゴッツイ怒られました。

親父がPCを復旧している間、横で正座待機です笑

なんとか復旧できたんですが、まぁほんと、生きた心地がしませんでした。

で、PC復活後に、あきれ顔の親父が教えてくれたPCトラブルの解決法が、

「「Ctrl + Alt + Delete」でタスクマネージャを開いて、

フリーズしてるソフトを強制終了するか、

あるいはPCを再起動すれば大抵はなんとかなる、

それも出来ないなら最終手段は電源ボタン長押しで再起動」

という手順だったのです。

この一連の操作はPCトラブル発生時の基本中の基本ですよね。

まぁ電源長押しでの強制終了は出来るだけ避けるべきですが。
(あくまで最終手段、とキツく言われた記憶はあります)

最初の最初にこの手順を(非常に印象深い思い出と共に)教えてもらえたおかげで、

その後のPC操作はかなり気が楽になりました。

今でも職場で「PCがオカシイ!!」と叫んでいる女性がいたら、

「とりあえず落ち着いて汗。まず再起動してください、それでもダメなら声かけて汗」

と言うようにしてます。
(まぁ、ウイルスとかだったら再起動は逆効果の場合もあるでしょうが)

職場で起きるような軽症の場合は大抵再起動で治ります。

まさしく親父直伝のワザが大活躍。


今では立場が逆転して、親父よりも私の方がPCに詳しくなってしまいました。

親父は今でもトラブル起きた時はとにかく再起動!!な感じです笑

でも、たまに実家かえって親父の隣でPCの画面見ながらアレコレ話してると、

もう何年も前のそんな思い出をふと思い出して、懐かしい気持ちになります。

当時95だった実家PCのウィンドウズも、代替わりを繰り返し今は8.1。

時代は流れるものですね。

……ってか、7でも10でもなく、8.1ってところが実家らしいというかなんというか笑

ちなみに実家のPCはずっとウィンドウズなのですが、

途中はMEを長く使ってました。短命なOSばかり使うのはクセなのかも笑

次は何になるのか、ちょっと楽しみです。



ということで、PCゲームで学んだこと、でした。

世の中、何が役に立つかはわからないもの。

学ぶべきものはたくさんあるんだなぁ、と思います。

そして、最初に学んだことを思い出すのも、大切ですね。

いやはや、勉強になります。

初心忘れるべからず、というヤツでしょうか。

親父に感謝。

コメントの投稿

非公開コメント

カテゴリ
最新記事
検索フォーム
Calendar 1.1
<
>
- - - - - - -
- - - 1 2 34
5 6 7 8 9 1011
12 13 14 15 16 1718
19 20 21 22 23 2425
26 27 28 29 30 - -

全記事

Designed by 石津 花

月別アーカイブ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

PageNavigation 2.0

Designed by 石津 花

最新コメント
最新トラックバック
リンク
プロフィール

box66

Author:box66
穏やかな生活を夢見て日々を過ごす、ゲーマーです。
ブログでは様々なゲーム紹介のほか、oblivionのMOD紹介なども。

リンクはお気軽にどうぞ。

ただし掲示板等からのリンクはご遠慮ください。
また、記事・画像等の無断転載等はご遠慮ください。

FC2カウンター
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR