FC2ブログ

XboxOneの下位互換機能が更新、「Midnight Club: Los Angeles」や「セインツロウ」等に対応!

箱1の下位互換機能が引き続き更新されています。

今回の更新では……

●Xbox360ソフト

Grand Theft Auto: San Andreas

Midnight Club: Los Angeles

Rockstar Table Tennis

Saints Row

Saints Row: Gat Out of Hell

Toybox Turbos

Battlefield 1943

Saints Row 2

FIGHT NIGHT CHAMPION


……等々に対応!!

☆最新情報は公式ページへ!!
 ・英語サイト:http://www.xbox.com/en-US/xbox-one/backward-compatibility
 ・日本語サイト:http://www.xbox.com/ja-JP/xbox-one/backward-compatibility

2018-06-10_10-30-29.jpg



今回の注目ソフトは……

●Midnight Club: Los Angeles
グランドセフトオート等でお馴染みのRockstarGamesさんが手掛けた、
ロサンゼルスが舞台のオープンワールドアクションレーシングゲームです。
スピード感溢れるアクションレーシングと、同社らしいアングラなストーリー、
そして作りこまれたロサンゼルスの街並みは必見。

2018-06-10_10-31-13.jpg

一本道のレースゲームとは異なり、緻密に再現されたロスの街を、
実在の名車でブイブイ走り回ることも出来ます。街並みは非常にリアル。
ストリートレースを主軸とした物語が展開されますが、物語そっちのけで、
ロサンゼルス観光してみても十分に成り立つと思います。

2018-06-10_10-31-01.jpg

操作性は純粋なレースゲームというよりはカーアクションゲーム、
といった感じで、アーケードライクな印象を受けます。
ハンドル切ると物凄い勢いで車体が反応するので、
普通のレースゲームに慣れた人はかえって戸惑うかも。
その分、誰でも手軽に楽しめる操作性といえるかもしれません。

2018-06-10_10-30-46.jpg





●Rockstar Table Tennis
こちらも同じくRockstarGamesさんプレゼンツによる卓球ゲーム。
……この会社、ほんと色んなゲーム作ってますね……すごいな。
恐らく私の知る限り、最も優れた卓球ゲームといえるのでは。
まぁ、卓球ゲーム自体絶対数が少ないというのはありますが。

2018-06-10_10-32-59.jpg

試合会場のディテール、キャラクターのアニメーション、
会場のアナウンス、そしてラリーが続く時の緊張感……。
それらが見事に再現されています。結構凄いです。

2018-06-10_10-32-34.jpg

一方、基本的に卓球というスポーツ自体があまり派手さがないため、
このゲームも画面に派手さはありません。演出もまー地味です。
ゲーム史上屈指の地味な絵面、といえるのではないでしょうか。

2018-06-10_10-32-46.jpg

一方、卓球の緊張感あふれるスピード感とラリーの応酬は、
非常に高いレベルで再現されています。
操作性はシンプルですが、打球のスピンや打点等を組み合わせて、
本物の卓球さながらの高度な読みあいを楽しむことが出来ます。
ラリーが続くと、絵面は地味なのに凄まじい緊張感。
そしての相手のスキをついて一撃を叩きこむのはなかなかの爽快感。

2018-06-10_10-32-23.jpg





●Saints Row
GTAのような箱庭クライムアクションの人気シリーズ、
「セインツロウ」シリーズの記念すべき第一作です。
もっとも、最新作では完全にバカゲー路線に吹っ切れてましたが、
登場した直後は劣化版GTAとでもいうべき、
割と普通の箱庭クライムアクションにすぎませんでした。

2018-06-10_10-32-12.jpg

グラフィック等はPS2レベルで、お世辞にも綺麗とはいえず、
マップもなんとなくこぢんまりとして地味な印象が目立ちます。
同ジャンルの代表であうGTAと比較されてしまうのもやむなし。
一方で、TES:オブリビオンもかくやという豊富なキャラメイク等、
後続作に続く特徴もあるのはポイント。

2018-06-10_10-32-04.jpg

メタボでヘタレ顔のデブがストリートギャング内でのし上がる、
という謎のサクセスストーリーも思うがままです。
ただし、主人公は男性限定で、女性キャラは作れません。残念。

2018-06-10_10-31-36.jpg

全体的にちょっと地味な印象はありますが、
箱庭クライムアクションとしての要点はきちんと押さえられているので、
同シリーズの記念碑的存在として、挑戦してみても良いかも。

2018-06-10_10-31-26.jpg




●Battlefield 1943
マルチプレイ主体のFPSとして大人気の「バトルフィールド」シリーズの一作。
フルプライスソフトではなく、DL専売のライブアーケードソフトとなっています。
マップ数や登場兵器も全体的に控えめになっていますが、
第二次大戦を扱ったバトルフィールドに飢えていたプレイヤーには、
非常に貴重な一本といえるかも。

2018-06-10_11-03-00.jpg

チームメイトと協力し、時には一歩兵として、時には兵器搭乗員として、
激闘に身を投じることになります。システムがかなりシンプルで、
PERKのアンロックだの武器兵器の追加購入だの、
面倒な要素が一切はぶかれているのも特徴の一つ。
昔ながらのシンプルなバトルフィールドが好きだった、
という方にはなかなかオススメ出来る一本です。

2018-06-10_11-03-15.jpg

ただし、本作はマルチプレイ限定であり、シングルプレイは出来ません。
私のようなオフ専ゲーマーには、ちょっと寂しいかなぁ、とも思いました。

今年(2018年)は、第二次大戦を題材としたシリーズ最新作、
「バトルフィールドⅤ」の発売もアナウンスされており、
COD:WW2に引き続き、再びFPSがWW2に回帰したのは嬉しいですね。

とはいえ、バトルフィールドⅤは、誰もが知っている二次大戦ではなく、
「知られざる戦場」での秘密任務を扱うらしいとのことで、
「誰もみたことのない第二次世界大戦」を描き出す、
ことが主軸となっているそうです。
そこは、現時点でかなりの私的ガッカリポイントだったりします。

正直、私のような第二次大戦FPSファンが求めているのは、
「誰もが知っているあの大戦場」をどれだけ「現実的に」かつ
「戦争映画的に」かつ「一兵士として」体験出来るか、だと思うんです。

泥臭い戦場で、名もなき兵士となり、ただ戦いに身を投じる。
そこには女性兵士とのロマンスは不要ですし、
味方との内輪もめ(COD:WW2のような)も不要。

「誰にも知られなかった秘密部隊の戦い」、
「知られざる女性兵士の戦い」
というのは、それとは完全に逆のベクトルであり、
かつて第二次大戦ものFPSの覇者であったはずの
メダルオブオナーシリーズが失墜する原因となった、
「ヒーローによる非現実的な秘密任務」にも通じるものではないか、と思います。

それにですね、これずっと前から思っていたことなんですが、
「誰もみたことのない第二次世界大戦」を描くのであれば、
誰も知らなかった秘密任務なんぞよりも、もっと効果的な物があるはずです。
つまり「枢軸国軍側兵士からみた第二次世界大戦」です。

これまでメジャーな第二次大戦モノFPSにおいて、
「枢軸国軍側兵士からみた第二次世界大戦」が描かれたことはありませんでした。
枢軸国軍の兵士というのは全て例外なく「獰猛な敵」であり、
「悪人」であり「悪人ゆえにぶっ殺さねばならぬ」存在でした。
プレイヤーは連合軍の正義の名のもと、ドイツ兵や日本兵を蹴散らす役しか、
与えてもらえませんでした。

でも、それって本当に戦争を描いたといえるのか?という気がします。
COD:WW2はそのストーリーで戦争の悲惨さを描く、とされましたが、
結局は正義が悪をぶっ殺す物語でしかありませんでしたし、
ドイツの街を連合軍が爆撃でぶっ壊したことを棚に上げて、
主人公がドイツ人の子供を助けるシーンがあったり、
それってちょっとどうなんだ?と思う場面が多々ありました。
それで戦争の悲惨さを描くっても無理だろう、と思ったものですが……。

兵士は互いに人である以上、
ゲーム内でも互いを人として描くことを前提としなければ、
第二次世界大戦ものFPSのシングルプレイに未来はない、
そんな気がします。




ということで、なんか最後はよくわかんないこと書きましたが、

箱1の下位互換機能の更新、でした!!

他にもセインツロウ2などのメジャーなタイトルがいくつか対応してますが、

ソフト見所持のため動作確認できませんでした……多分大丈夫だとは思いますが。

気になったソフトがあれば、是非是非チェックしてみてくださいませ。

コメントの投稿

非公開コメント

カテゴリ
最新記事
検索フォーム
Calendar 1.1
<
>
- - - - - - -
- - 1 2 3 45
6 7 8 9 10 1112
13 14 15 16 17 1819
20 21 22 23 24 2526
27 28 29 30 31 - -

全記事

Designed by 石津 花

月別アーカイブ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

PageNavigation 2.0

Designed by 石津 花

最新コメント
最新トラックバック
リンク
プロフィール

box66

Author:box66
穏やかな生活を夢見て日々を過ごす、ゲーマーです。
ブログでは様々なゲーム紹介のほか、oblivionのMOD紹介なども。

リンクはお気軽にどうぞ。

ただし掲示板等からのリンクはご遠慮ください。
また、記事・画像等の無断転載等はご遠慮ください。

FC2カウンター
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR